2020/05/10

在宅勤務を快適にするためにHHKBを購入した話

HHKB

在宅勤務を快適に過ごすためという口実で、ストレス発散の散財をしちゃいました;-p

国産の高級キーボードのHHKB Professional HYBRID Type-Sを購入して1ヶ月くらい使ってみました。



リモートワークをするにあたって外付けキーボードが欲しかったのと、自分はあまりテンキー入力しない、キーの真横にマウスを配置したい、今後も長く使っていきたいということでちょっと清水の舞台から飛び降りてちょっといいものを購入しました。


自分はパソコン初心者なので、今回購入したのはType-SのJIS配列モデルです。
無刻印USモデルは流石に自分が使うには敷居が高そうで。。。
あと意外とエクセルを使うことが多いので独立したカーソルーがある方が都合がいいかと思ってます。

Happy Hacking Keyboard Professional HYBRID Type-S 無刻印/白(英語配列)
今回購入を見送った無刻印USモデル

全体的にシンプルでスッキリしているのが特徴ですね。

Happy Hacking Keyboard Professional HYBRID Type-S 日本語配列/墨
今回購入したJIS配列墨モデル

こうやって見比べるとJIS配列のほうがキーの数多く見えますが、一般的なキーボードに比べると圧倒的に少ないです。
特に普段はあまり使わないファンクションキーがないので、スッキリしています。
(Appleもタッチバーでファンクションキーをなくしている傾向にあるのでそういうものなのかもしれません)


ちなみに昔々にこういったこういったキーボードを購入したことはあるんですが、少し前にメルカリでドナドナしております。
FILCO majestouch air を買いました。


過去にFilcoを使っていたときに感じたのが、自分のようにいろいろな端末にリモートデスクトップ接続を行うような仕事のスタイルだと独立した「全角半角」キーが無いことが大きな問題になります。
ちなみに今回購入したHHKBのJIS配列にも「半角全角」キーはありません。
ありませんが、ソフトウェアでキー配列を自由に設定できるので、これを選んだというのもあります。


Windowsの場合キー配列の設定できるソフトウェアが配布されており、キーボード上の任意のキーに好きなキーを割り当てできます。
自由度は本当に高く、例えば「A」のキーの部分に「P」のキーを割り当てるということもできます。
自分はCapslockを使わないので、この部分にバックスペースを割り当て、無変換やカナキーの部分に「全角半角」キーを割り当てて利用しています。

何よりもこれのすごいのが、この変更したキー配置をキーボード側に保存できること。
つまり他の端末に接続した際にもキーボード側の設定がわかっているので、この専用ソフトウェアをインストールしていなくてもこのキー配列で利用できます。
もちろんリモートデスクトップ先についてもチャント設定したキーとして認識されます。

ちょっと高いですがこの細かな設定ができるので、思い切って購入したというのはあります。

とはいえ、打鍵感がすごく良かったりとかキーの細かな設定できるとかありますが、言ってしまえばキーボードはキーボード。
1000円くらいのキーボードとできることは変わりません。

投資のもとが取れるかわかりませんが、コロナ引きこもりの単なる散財にならないように、これかも末永く使い倒してゆきたいと思います。

2020/03/05

在宅勤務あれこれ

昨今の在宅勤務令に対して従業員はいかに備えるべきか、いかに対策するべきかについて実際に試してみた所感を交えて記載したいと思う。

必要なもの


インターネット環境

当然であるが、インターネット環境は必須である。
光回線が良いかと言われると必ずしもそうは言えず、モバイルキャリアのテザリングでも問題ないケースは多い。
VPNを張って会社のPCへリモートデスクトップを行い、リモートデスクトップ先のPCで色々する分にはこれでも大丈夫だが、ローカルでファイル編集やダウンロード・アップロードが激しい場合には固定回線があったほうが良い。

家でYoutubeが見れる環境があるのであればおそらくこの条件はクリアできるものと思う。

机と椅子

これは大事である。
これがないと人間として終わる。

私の場合は椅子も机もないので、やわからなベッドの上であぐらをかいてノートPCで作業しているがこの体制で半日近く作業するのは修行。腰がやられる。
家族がいる場合には別に子供という障害が出てくるかもしれないが、独身だと、それほど長く家でリラックしていない体勢でPCに向かうというのを想定していない事が多いと思うのでこれも気をつけないといけないポイントだ。
しかしながらワンルームでは椅子や机を買って改善できるスペースがないので、そもそも引っ越しをしないといけないというハードルの高さ。

冷暖房

今の季節であれば暖房が重要だ。
日中帯は10度を超えるが家の中は想像以上に寒い。
見事この問題により体調を崩して風邪を引く私が言うのであるから説得力はあると思う。


モチベーション

ここは本人の問題であるが、ONとOFFを明確に自分の中で切り替えられるようになる必要がある。特に今回はコロナウイルスと言う問題があるため、外部の勉強部屋やスタバにドヤりに行くというのはお門違いであり、あくまでも在宅を前提にしないといけない。
このようなOFFの空間でいかに在宅勤務を成立させるのかは本人次第であると思う。



色々と書き出してみたが、引っ越ししたいというこの一点に集約される。
引っ越したい。。。

2019/10/28

利用中のサブスクリプションサービスを書き出してみた 2019年10月

結構前に同じようなものをやったんですが、その時と何が変わったのかも含めて書いてみたいと思います。
  • 使っているサービス
    • 音楽・動画
      • Youtube premium
        • 1,600円/月
        • ファミリープランを契約。動画のほとんどはYoutubeなので広告がなくなるだけでもストレスなく見ることができます
    • 買い物
      • Amazon prime
        • 4,900円/年
        • 値上がりしましたが、FireTVでお世話になっているので。
    • 業務効率
      • Google one
        • 1,300円/月
        • 重要度は低いので見直しを検討
      • Workflowy
        • $50/年
        • 必須過ぎてないと困る
      • 1Password
        • $2.99/月
        • 最近契約し使い勝手を確かめているところです
    • お金管理
      • マネーフォワード
        • 500円/月
        • 全部電子マネー決済しているので家計簿付ける手間を考えるとすごく便利
    • クラウド検証
      • ドメイン
        • 何個かある
        • いらないものは順次解約
      • AWS,Azure,etc...
        • 5,000円/月くらい
  • 使わなくなったもの
    • G Suite
      • 使っていたアカウントの継続の必要がなくなったため
    • Twilio
      • 結構良い番号だったので保有していたんですが、結局使うことがなかったため
    • 日経Xtech
      • 日経Xtech
        • 2,500円/月
        • IT系のニュースサイトとしてはとても参考になるものがたくさんです
      • しかしながら増税があったので9月末で解約。日経ご自身もこのように言っていることですので
    • Feedly Pro
      • Proの機能を一切使っていないので一旦年次の更新をやめて見たいと思います
  • 使ってみたいもの
    • Github
      • 最近で業務のTodo管理をGithub上で行っており、使い勝手がいい感じ。
      • コードの保管というよりもやることリストの管理のため再申し込みしようかと考え中
    • flier
      • 本の要約サービス
      • 音声読み上げもしてくれるみたいなのでちょっと気になってます

意外と変わったようで半年くらいではそんなに変わってない感じという結論でした。

2019/09/17

初めてクラウドファンディングしてみた

存在自体は勿論以前から知っていましたが、この度初めてクラウドファンディングに出資してみました


この商品自体は自分が出資する際には既に達成していたので出来レース状態なのですが初めてクラウドファンディングしてみたよ報告問事で。

ちなみにファンドした時は欲しかったんですがこの注文から商品が届くまでのタイムラグというのは結構大きな問題です。
とぅぅのも今この商品がそんなにほしくない、必要としていないという問題が発生しています。
まだまだ手元に届くのは先ですがクラウドファンディングのタイムラグを痛感しているしだいです

ささすがに初めてのファンドになるので商品が届くまで追いかけたいとお思います。その時には一周回って必要になっているといいなぁ